通訳雷蔵
 
   Just as a lay priest in the province of Inaba in feudal Japan was intransigent about his daughter's marriage, so are Raizo's interpreters in their commitment to the craft of professional conference interpreting, whose job it is to translate lectures, seminars, and in-house/international conferences simultaneously or consecutively from Japanese to English and vice versa.

   Instead of being complacent about and restrained by our track record, we would rather audaciously break fresh ground by bringing it to bear on entirely new and daunting fields where our presumed linguistic flair is to be put on the acid test.
     
会社概要
料金一覧
interpreting fees
通訳実績
英語講座

 通訳を介して出来るだけ正確な情報を伝達するには、会議参加者だけでなく、通訳者にも会議の内容が事前に開示され、理解されていることが第一の必要条件です。通訳者が、提示された情報をよく理解し、それを知識として蓄積している場合は、誤訳の可能性が極めて低くなることは、よく知られています。

 同時に、コミュニケーションの正確さは、伝達の媒体となる言語を、瞬時の判断に基づいて、通訳者がいかに適確に使用するかによっても支えられます。これが、第二の必要条件です。この言語運用能力は、我々が日常生活を営む際に使用し、量子力学の祖ハイゼンベルグ博士がその重要性を強調した「自然言語」に深く根ざしています。

 これら二つの必要条件は、相互に補完し合って、優れた通訳が可能になります。

 弊社は、この二点を通訳業務の要諦と位置づけ、通訳者は、日々の業務でこの理念を実践すべく、業務外でも不断の研鑽を重ね、業務のフロンティアを切り開いています。

 様々に異なる会議の専門性やクライアントのニーズに柔軟に対応しながら、現在、日英・英日会議通訳サービスを逐次・ウィスパリング・同時の3形式で市場に提供しています。